「甲鉄城のカバネリ」=「ギルティクラウン」+「進撃の巨人」ということを比較・検証してみる

   

546164

最終回を迎えた「甲鉄城のカバネリ」。ギルティクラウン、進撃の巨人を見た人には既視感が多く感じる方も多かったのでは?ということを3分で読めるぐらいの文字数で比較、検証していきます。

スポンサードリンク

「甲鉄城のカバネリ」と「ギルティクラウン」の比較・検証

54811-horz

最終回前のヒロイン。カバネの融合体ヌエになるための「無名」。マナの復活のための「いのり」。

564815-horz

右腕を吹っ飛ばされて絶望を感じている両者。

648781-horz

命を燃やす決意を固め黒血漿ウイルス促進剤を打つ「生駒」、罪を背負うことを覚悟し、ヴォイドゲノムを打つ「集」。

5484115-horz

右腕を復活させて覚醒する両者。そして名言。

生駒「俺の誇れる俺になるんだ!」、集「今こそ僕をさらけ出す!」

85113-horz

ヒロイン無名が兄様と慕うイケメン悪役の「美馬」。いのりがのように従っていたイケメンラスボス「ガイ」。

「甲鉄城のカバネリ」と「進撃の巨人」の比較・検証

4846-horz

ヒロインとしての共通点。序盤カバネリとして甲鉄城内で最強だった「無名」。驚異的な戦闘力で頼もしい「ミカサ」

2489484-horz

世界観の類似点。カバネに侵食された世界で生駒たちが生活をしていた「顕金駅」。「ウォール・シーナ」を中心に全体で3層の構造(外側はウォール・マリア)で巨人世界に対抗していた。

36944-horz

敵の力を自らに宿し戦う主人公。カバネウイルスを取り込んだ「生駒」。巨人の力を持っていた「エレン」。

まとめ

甲鉄城のカバネリ 進撃の巨人 ギルティクラウン
監督 荒木哲郎 荒木哲郎 荒木哲郎
シリーズ構成 大河内一楼 小林靖子 吉野弘幸
脚本 大河内一楼、瀬古浩司 小林靖子、瀬古浩司、高木登 吉野弘幸、大河内一楼、鋼屋ジン、宮城陽亮
キャラクターデザイン 美樹本晴彦(原案)、江原康之 浅野恭司 redjuice(原案)、加藤裕美(デザイン)
音楽 澤野弘之 澤野弘之 澤野弘之
アニメーション制作 WIT STUDIO WIT STUDIO、Production I.G(協力) プロダクションI.G 6課

スタッフの比較をしてみたが、かなり類似点があり、3つのアニメを見たことがある人には既視感が当然あると言えます。ギルティクラウンの主人公である桜満 集(CV.梶裕貴)と進撃の巨人の主人公であるエレン・イェーガー(CV.梶裕貴)、生駒の親友である逞生(CV.梶裕貴)と声優つながりもあるのが面白い。最後に自分の思った共通点は作画が良すぎて絵の綺麗さ、圧倒的な戦闘シーンに見入ってしまうほどのアニメスタッフの力に魅力を感じているのだと思った。

スポンサーリンク

シェアしていただけると助かります。

 - 感想, 甲鉄城のカバネリ, 甲鉄城のカバネリ, 考察